コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加判 カハン

デジタル大辞泉の解説

か‐はん【加判】

[名](スル)
公文書に判を加えたり、連判・合判したりすること。また、その判。
公文書に花押(かおう)を加えるような重職。鎌倉幕府では連署(れんしょ)江戸幕府では老中(ろうじゅう)
室町時代以降、借用証に連帯責任を負って債務者とともに署名捺印(なついん)すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かはん【加判】

( 名 ) スル
公文書に花押かおう(書き判)を加えること。また、その判を加える人。鎌倉時代では連署、江戸時代では老中がその役。
室町・江戸時代、債務者とともに連帯責任を負って借用証文に署名して判を押すこと。連判。連署。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

加判の関連キーワード御判の御教書大浦教之助二階堂忠行清水清太郎六百番歌合飯尾貞連志賀親度福原越後阿部忠秋飯尾為数戸次道雪役儀取上秋良貞温戸次鑑連井上政重恋川春町高山右近所務沙汰永代売り加納直盛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加判の関連情報