連判(読み)れんばん

精選版 日本国語大辞典「連判」の解説

れん‐ばん【連判】

〘名〙 (後世「れんぱん」とも)
文書に複数の人が署名ねること。自署あるいは花押を書く。律令制の公文書には長官以下四等官(しとうかん)までが位署姓名を書き連ねる様式が多い。
※律(718)職制「官受枉法贓十端。更有両官連判、各分二端之」 〔唐律疏議‐名例・同職犯公坐〕
② 一通の文書に二人以上のものが連名で記名して、花押を書き、あるいは印を捺(お)すこと。列判(れっぱん)
※日蓮遺文‐八風等真言破事(1277)「清盛が一類二十余人起請をかき連判をして願を立て」
※将軍執権次第(1334頃か)文永元年「時宗 〈略〉時頼三男。八月十一日以後令連判。年十五歳」
[語誌](②について) (1)書札礼(しょさつれい)において注目され、土岐利綱「家中竹馬記」(一五一一)、伊勢貞頼「宗五大草紙‐書札之事」(一五二八)等の故実書に、連判の形式についての言及が見える。いずれも書面の奥に上位者の署名、判(上判)を記すべきとする。
(2)元和年間(一六一五‐二四)成立の曾我尚祐「和簡礼経‐五」は、「連署」と「連判」を区別し、判形が表にあれば「連判」、判形がなかったり、裏にあったりする場合は「連署」と言うべきであるとする。同書は、また、宛所が多ければ「連署」、判形が多ければ「連判」と言うとする説を挙げ、これは適当な区分ではないとしている。
(3)書札礼では、連判は上位者・下位者の判の順が問題とされているが、「傘連判(からかされんばん)」は、逆に、中心人物・上位者を明らかにせず、平等を旨として放射状に連判をなす形式で、室町時代の武士の一揆の契約状や、近世の農民の訴状などに見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「連判」の解説

連判【れんぱん】

文書の差出者が複数で署判している場合,これを連判,連署という。多人数が一致契約する場合,すなわち一揆(いっき)の団結(一揆契状)や訴状等に用いる。紙をつぎたして連名する場合,また連判者間の地位の上下がないことを表すためや,主謀者を隠蔽するために円のまわりに放射状に連署する場合(傘(からかさ)連判)等がある。
→関連項目霞ヶ浦四十八津町触

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「連判」の解説

れんぱん【連判】

1通の文書に2名以上の者が連名で署名をし,花押あるいは印を据えること。〈れんばん〉とも読む。類似の語に連署があるが,これは必ずしも花押・印を伴わず署名のみのときにも用いられる。また連署の呼称は奈良時代より見え,近世に及ぶが,連判は主として中世以後用いられた。連判をする人が少ないときは同一線上に連ねるが,多人数のとき,また文書によって上下2段に分けて書かれる。2段書きの例としては,平安後期の政所下文(くだしぶみ)や院庁下文にみえ別当より四位以上の家司は上段に,五位以下の者は下段に署名する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android