重職(読み)ジュウショク

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐しょく ヂュウ‥【重職】

〘名〙 責任の重い職務。重要な役目。また、その職にある人。大役(たいやく)。重役(じゅうやく)。ちょうしょく。
※東寺百合文書‐へ・延文三年(1358)九月八日・東寺学頭職文書案「別当学頭執行者、共以重也」 〔王献之‐啓瑯琊王為中書監表〕

ちょう‐しょく【重職】

〘名〙 (古くは「ちょうじょく」) 重い職務。また、その職にある人。じゅうしょく。ちょうしき。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)一五「賀茂の社の神主職は神職の中の重職(テウショク)として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重職の関連情報