重職(読み)じゅうしょく

精選版 日本国語大辞典「重職」の解説

じゅう‐しょく ヂュウ‥【重職】

〘名〙 責任の重い職務。重要な役目。また、そのにある人。大役(たいやく)。重役(じゅうやく)。ちょうしょく。
※東寺百合文書‐へ・延文三年(1358)九月八日・東寺学頭職文書案「別当学頭執行者、共以重也」 〔王献之‐啓瑯琊王為中書監表〕

ちょう‐しょく【重職】

〘名〙 (古くは「ちょうじょく」) 重い職務。また、その職にある人。じゅうしょく。ちょうしき。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)一五「賀茂の社の神主職は神職の中の重職(テウショク)として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「重職」の解説

じゅう‐しょく〔ヂユウ‐〕【重職】

責任の重い重要な職務。また、その職にある人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android