加納直恒(読み)かのう なおつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納直恒 かのう-なおつね

1600-1684 江戸時代前期の武士。
慶長5年生まれ。徳川家康小姓としてつかえる。のち紀伊(きい)和歌山藩の初代藩主徳川頼宣(よりのぶ)の家臣となり,大番頭(がしら)をへて万治(まんじ)2年(1659)年寄にすすんだ。貞享(じょうきょう)元年10月4日死去。85歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。通称は九十郎,数馬,五郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android