コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤万治 かとう かずはる

2件 の用語解説(加藤万治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤万治 かとう-かずはる

1855-1932 明治-大正時代のキリスト教伝道師。
安政2年6月14日生まれ。メソジスト教会で入信し,のちフレンド派(クエーカー)にうつる。W.N.ホイットニーに医学をまなぶかたわら,明治22年(1889)北村透谷らと日本平和会を設立し,雑誌「平和」を発行。農村医療伝道をめざし,29年以降水戸に定住して禁酒運動などを展開した。昭和7年7月9日死去。78歳。越中(富山県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤万治

没年:昭和7.7.9(1932)
生年:安政2.6.14(1855.7.27)
フレンド(クエーカー)派伝道者,平和運動家。越中(富山県)黒部の酒造家に生まれる。東京赤坂のW.N.ホイットニーから医学を学ぶうちメソジスト教会でキリスト教に入信,のちフレンド派に移る。農村医療伝道を志し,明治29(1896)年以降水戸に定住,禁酒運動などを展開し,伝道と社会実践に生涯を捧げた。同25年には北村透谷と共に日本最初の平和運動雑誌『平和』の発行兼編集者となり,「日本平和会」の創設に尽力した。<参考文献>佐々木敏二「明治20年代の平和運動①―日本平和会書記加藤万治小論」(『キリスト教社会問題研究』30号)

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤万治の関連キーワードエーカーコサンドフレンド派クエーカーノエルベーカーフレンドAFSCMRA運動伝道師デフレンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤万治の関連情報