コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤恒忠 かとう つねただ

2件 の用語解説(加藤恒忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤恒忠 かとう-つねただ

1859-1923 明治-大正時代の外交官,政治家。
安政6年1月22日生まれ。フランスに留学後,外務省にはいり,ベルギー公使などを歴任。明治41年(1908)衆議院議員。のち貴族院議員。北浜銀行頭取,大阪新報社長をつとめた。大正11年松山市長。大正12年3月26日死去。65歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。司法省法学校中退。旧姓は大原。号は拓川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤恒忠

没年:大正12.3.26(1923)
生年:安政6.1.22(1859.2.24)
明治大正期の外務官僚。拓川と号す。松山藩(愛媛県)大原有恒の3男で明治13(1880)年加藤家を継いだ。9年に司法省法学校入学,中退後仏学塾に学んだ。16年パリ法科大に入学,19年帰国とともに外交官試補となりフランス公使館勤務,35年ベルギー公使,40年に万国赤十字会議全権に就任したが,政府側と対決して辞職,衆議院立候補,当選した。のちに大阪新報社長に就任。大正1(1912)年貴族院議員になり,パリ講和会議(1919)に随員として出席,8年シベリア派遣臨時大使となり反赤軍を支援,11年松山市長に就任。<参考文献>景浦勉編『愛媛の先覚者』

(波多野勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤恒忠の関連キーワード新官僚松山城外務卿有吉忠一落合謙太郎倉知鉄吉佐田白茅十河親盈日置益竹内行夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤恒忠の関連情報