コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤新右衛門 かとう しんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤新右衛門 かとう-しんえもん

?-1622 江戸時代前期の陶工。
加藤基範の子。尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。慶長8年父や弟の三右衛門とともに美濃(みの)(岐阜県)恵那郡水上村にうつる。15年(1610)名古屋藩主徳川義直の命で弟とともに尾張春日井郡下品野村に移住。品野窯を再興し,藩の御用窯をつとめた。元和(げんな)8年7月14日死去。名は景重

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤新右衛門の関連キーワード加藤基範陶工

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android