コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤時次郎 かとう ときじろう

2件 の用語解説(加藤時次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤時次郎 かとう-ときじろう

1858-1930 明治-大正時代の社会運動家,医師。
安政5年1月1日生まれ。ドイツ留学後,社会主義研究会などにくわわる。週刊「平民新聞」の発刊をたすけ,直行団を組織して「直言」を発行。明治44年平民病院実費診療所をひらく。のち普選運動につくした。昭和5年5月30日死去。73歳。豊前(ぶぜん)田川郡(福岡県)出身。本姓は加治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤時次郎

没年:昭和5.5.30(1930)
生年:安政5.1.1(1858.2.14)
明治大正時代の医師,社会運動家。豊前国(福岡・大分県)の医師吉松元簡,きくの次男。のち加治姓となる。崎陽医学校,外国語学校などで学ぶ。明治16(1883)年加藤さだの養子となる。21年から23年までのドイツ留学中に社会主義を知る。帰国後,加藤病院を設立。社会問題に関心を持ち,矢野竜渓,幸徳秋水らと親交を結んだ。36年週刊『平民新聞』の創刊を援助。自らも直行団を組織し,37年に機関紙『直言』を発刊した。44年,加藤病院内に実費診療所を開設。大正3(1914)年,『生活の力』(のち『平民』)を創刊。4年,加藤病院を改組して平民病院を開設し社会事業を実践した。9年に加治に復姓。<著作>成田竜一編『加藤時次郎選集』<参考文献>成田竜一『加藤時次郎』

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加藤時次郎の言及

【インターナショナル】より

…そうしたヨーロッパの約20ヵ国に対し,他の地域からはアメリカ,オーストラリア,アルゼンチンなどごく少数であり,アジアでは日本だけであった(日本は1901年加盟,片山潜が事務局員に選ばれ,第6回大会に出席。第7回大会には加藤時次郎が参加したが,10年の〈大逆事件〉以降,関係は名目的にすぎなくなった)。 第二インターナショナルは,1900年以降も引き続き社会政策や労働組合に関する諸問題に取り組み,また,世界各地の圧政に対し抗議の声をあげたが,帝国主義列強間の対立が激化する時期にあって,反戦勢力として大きな存在になっていった。…

【鈴木梅四郎】より

…1902年王子製紙専務取締役となり,北海道苫小牧工場の建設に尽力,病を得て退職した。在任8年間に地方工場付属医療施設を地元住民に開放した経験から,実費診療でも経営が成り立ち,下層・中等階級の没落を防ぐ医療を目指した社団法人実費診療所を,医師加藤時次郎と協力して11年東京京橋に設立したのを手始めに,医療の社会化運動の先駆的役割を担い,晩成社を興して育英事業にも尽くした。一方12年以来,衆議院議員に5回当選,立憲国民党に所属した。…

【平民社】より

…その発行所となり同志のたまり場となったのが平民社である。小島竜太郎,加藤時次郎らの援助を得て東京有楽町に2階家を借り,石川三四郎,西川光二郎らも加わって編集等の仕事を進めた。11月15日に出た創刊号は増刷分を含めて8000部も売れる盛況で,以降平均4000前後の読者を有した。…

※「加藤時次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加藤時次郎の関連キーワード社会運動運動家伊串英治緒方貞代木本凡人高津多代子根岸正吉野沢重吉林てる湯浅初子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone