コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤棕廬 かとう そうろ

1件 の用語解説(加藤棕廬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤棕廬 かとう-そうろ

1790-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政2年生まれ。加藤定斎の長男。安芸(あき)広島藩士。頼杏坪(きょうへい)にまなび,また国学,画もおさめる。父の跡をついで藩校学問所の教授となった。「芸藩通志」の編集にかかわり,故事の調査や古文書の解釈にあたった。嘉永(かえい)4年8月23日死去。62歳。名は景纉(かげよし)。字(あざな)は君緒。通称は太郎助。著作に「むかしがたり」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤棕廬の関連キーワード新井静斎新井稲亭石川慎斎伊藤板渓植村棋園五井鶴城佐藤東斎菅新菴遅塚速叟門司東里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone