加藤棕廬(読み)かとう そうろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤棕廬 かとう-そうろ

1790-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政2年生まれ。加藤定斎の長男。安芸(あき)広島藩士。頼杏坪(きょうへい)にまなび,また国学,画もおさめる。父の跡をついで藩校学問所の教授となった。「芸藩通志」の編集にかかわり,故事の調査や古文書の解釈にあたった。嘉永(かえい)4年8月23日死去。62歳。名は景纉(かげよし)。字(あざな)は君緒。通称は太郎助。著作に「むかしがたり」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android