加藤棕廬(読み)かとう そうろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤棕廬 かとう-そうろ

1790-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政2年生まれ。加藤定斎の長男。安芸(あき)広島藩士。頼杏坪(きょうへい)にまなび,また国学,画もおさめる。父の跡をついで藩校学問所の教授となった。「芸藩通志」の編集にかかわり,故事の調査や古文書の解釈にあたった。嘉永(かえい)4年8月23日死去。62歳。名は景纉(かげよし)。字(あざな)は君緒。通称は太郎助。著作に「むかしがたり」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android