コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤正人 かとうまさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤正人
かとうまさと

[生]1885.8. 群馬
[没]1963.8.24.
昭和期の実業家慶應義塾大学を卒業後,鐘淵紡績,浪速紡績を経て 1937年には錦華紡績社長,41年に大和紡績社長。紡績業界を代表する人物として活躍し,関西経営者協会会長,日本経営者団体連盟 (日経連) 代表常任理事などを歴任。また,50年より参議院選に立候補,緑風会に属し2回当選。政財界に顔が広く,社内では「加藤天皇」と呼ばれ権勢をふるった。死去した 63年には,病苦をおして日本紡績協会委員長に就任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤正人 かとう-まさと

1886-1963 昭和時代の経営者,政治家。
明治19年8月24日生まれ。鐘淵紡績に入社。のち浪速紡績取締役,錦華紡績社長をへて,昭和16年錦華紡績など4社が合併して設立された大和紡績の社長となる。戦後,関西経済連合会常任理事,日経連代表常任理事。25年参議院議員(当選2回)。昭和38年8月24日死去。77歳。群馬県出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤正人の関連キーワード800 TWO LAP RUNNERSクライマーズ・ハイ三たびの海峡雪に願うこと孤高のメス誰がために機関車先生昭和時代天地明察雷桜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤正人の関連情報