コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀山蕭山 かがやま しょうさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀山蕭山 かがやま-しょうさん

1752*-1828 江戸時代中期-後期の書家。
宝暦元年12月1日生まれ。長崎で清(しん)(中国)の人から王羲之筆法をまなび,江戸で屋代弘賢に師事する。のち郷里の陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩校日新館の教授となった。文政11年3月10日死去。78歳。名は知常。通称は勝四郎,俊蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加賀山蕭山の関連キーワード宇田川榕菴コンバウン朝タウングー朝談義本ナッシュアラウンパヤータウングー朝賀茂真淵(かもまぶち)滑稽本コンバウン朝

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android