コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助け/扶け タスケ

デジタル大辞泉の解説

たすけ【助け/扶け】

たすけること。また、その人。「―を呼ぶ」
手助けしたり補ったりするもの。「友忠告が―になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たすけ【助け】

たすけること。また、その人。 「 -を呼ぶ」 「なんの-にもならない」
必要な品。足し。 「生活の-にする」 「行路の-卓散なり/太平記 22

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

助け/扶けの関連キーワード杖に縋るとも人に縋るな君子は人の美を成す神は正直の頭に宿る切ない時の神頼み持ちつ持たれつ芸は身を助ける臆病の神降ろし世の中は相持ち人手に掛かる応護・擁護声を限りに神佑・神祐どうぞして見も知らぬ救いの神信じ込む復興大臣袖に縋る死に掛け助け合う

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android