コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労作性狭心症 ロウサセイキョウシンショウ

2件 の用語解説(労作性狭心症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうさせい‐きょうしんしょう〔ラウサセイケフシンシヤウ〕【労作性狭心症】

歩行・階段昇降・入浴・排便・興奮などによって血圧や心拍数が上昇し、心臓に負担がかかったときに起こる狭心症動脈硬化によって冠動脈が狭窄し、血流量の増加が制限されることによって起こる(→器質性狭心症)。→安静時狭心症

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

生活習慣病用語辞典の解説

労作性狭心症

心筋梗塞や脳梗塞の治療法で、血栓を薬剤で溶かし、閉塞していた血管を再び開通させる治療法です。心筋梗塞においては、6 時間以内に起こったものに対し、冠動脈 (心臓の筋肉に酸素や栄養分を与える血管) にできた血栓を薬剤で溶かす治療法をいいます。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
生活習慣病用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone