コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労作性狭心症 ロウサセイキョウシンショウ

デジタル大辞泉の解説

ろうさせい‐きょうしんしょう〔ラウサセイケフシンシヤウ〕【労作性狭心症】

歩行・階段昇降・入浴排便興奮などによって血圧心拍数が上昇し、心臓に負担がかかったときに起こる狭心症

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

生活習慣病用語辞典の解説

労作性狭心症

心筋梗塞や脳梗塞の治療法で、血栓薬剤で溶かし、閉塞していた血管を再び開通させる治療法です。心筋梗塞においては、6 時間以内に起こったものに対し、冠動脈 (心臓の筋肉に酸素や栄養分を与える血管) にできた血栓を薬剤で溶かす治療法をいいます。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

労作性狭心症の関連キーワード救急処置歩行労作

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android