コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動圧 どうあつ dynamic pressure

4件 の用語解説(動圧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動圧
どうあつ
dynamic pressure

ベルヌーイの定理における流体の運動エネルギーを表わす項 ρq2/2 (ρは流体の密度,q は流速) を動圧という。ベルヌーイの定理によれば,1本の流線に沿って,動圧と静圧と流体の位置エネルギーとの和は一定に保たれるので,これらの3つの「圧力」は互いに交換可能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐あつ【動圧】

流体中、流れに対して垂直に置いた障害物に作用する圧力。流体の単位体積あたりの運動エネルギーに相当し、流体の速度の2乗と流体の密度との積の2分の1。動圧力。⇔静圧

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうあつ【動圧】

運動している流体の圧力と静圧との差。運動を止めることによって起こる圧力上昇を示す。流体の単位体積あたりの運動エネルギーに相当する。ピトー管によって測定される。 ↔ 静圧

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動圧
どうあつ

速さvで流れている流体を考える。壁でその流れをせき止めたとき、壁にかかる圧力は、流体が静止しているときにもともともっていた圧力p(これを静圧という)と、速さvで動いていた運動エネルギー分の圧力(これを動圧という)との和となる。この流れをせき止めた点に働く圧力を総圧、またはよどみ圧という。管を流れに向けて総圧を測るようにくふうされたものがピトー管である。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動圧の関連キーワード運動摩擦相対速度等速度運動摩擦運動員運動家細胞運動運動選手強制運動ラーモアの定理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動圧の関連情報