コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動圧 どうあつdynamic pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動圧
どうあつ
dynamic pressure

ベルヌーイの定理における流体の運動エネルギーを表わす項 ρq2/2 (ρは流体の密度,q は流速) を動圧という。ベルヌーイの定理によれば,1本の流線に沿って,動圧と静圧と流体の位置エネルギーとの和は一定に保たれるので,これらの3つの「圧力」は互いに交換可能である。ピトー管はこの原理を利用して流れの速さを測るものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐あつ【動圧】

流体中、流れに対して垂直に置いた障害物に作用する圧力。流体の単位体積あたりの運動エネルギーに相当し、流体の速度の2乗と流体の密度との積の2分の1。動圧力。⇔静圧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうあつ【動圧】

運動している流体の圧力と静圧との差。運動を止めることによって起こる圧力上昇を示す。流体の単位体積あたりの運動エネルギーに相当する。ピトー管によって測定される。 ⇔ 静圧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動圧
どうあつ

速さvで流れている流体を考える。壁でその流れをせき止めたとき、壁にかかる圧力は、流体が静止しているときにもともともっていた圧力p(これを静圧という)と、速さvで動いていた運動エネルギー分の圧力(これを動圧という)との和となる。この流れをせき止めた点に働く圧力を総圧、またはよどみ圧という。管を流れに向けて総圧を測るようにくふうされたものがピトー管である。[池内 了]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動圧の関連キーワード三菱ふそう MBECSショックアブソーバミッチェル軸受ジャーナル軸受ベンチュリー管流動電位の式風圧型風速計高温高圧実験スラスト軸受オイルリフト流体変速装置ベルヌーイマスキー法すべり軸受日米関係流体軸受迷路反射空気軸受杭打ち機気体軸受

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動圧の関連情報