動機説(読み)ドウキセツ

大辞林 第三版の解説

どうきせつ【動機説】

〘倫〙 内面的動機を基準として行為を価値判断する立場。カントの心情道徳はその代表的なもの。 ⇔ 結果説

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうき‐せつ【動機説】

〘名〙 行為の道徳的評価の規準をもっぱらその動機におく倫理学説。その中で、目的観念を重視して、手段・結果は問わない主観的動機説と、目的観念とともにその実現の手段や観念をも含めた志向を評価の対象とする志向説がある。動機論。⇔結果説
※日本‐明治三六年(1903)三月一一日「ム氏の動機説を教育上危険と認めず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android