コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝範 しょうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝範 しょうはん

996-1077 平安時代中期の僧。
長徳2年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で覚慶・覚超に師事し,延久2年天台座主(ざす)となる。承保(じょうほう)元年僧正に任じられた。承保4年1月18/28日死去。82歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は吉美(一説に清原)。著作に「西方集」「四教抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝範の関連キーワード不信のとき ウーマン・ウォーズ陰陽師☆安倍晴明 王都妖奇譚29歳のクリスマスチョコレート革命山おんな壁おんな日本平民党柴田蛙水新人会薬智

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝範の関連情報