コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝範 しょうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝範 しょうはん

996-1077 平安時代中期の僧。
長徳2年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で覚慶・覚超に師事し,延久2年天台座主(ざす)となる。承保(じょうほう)元年僧正に任じられた。承保4年1月18/28日死去。82歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は吉美(一説に清原)。著作に「西方集」「四教抄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝範の関連キーワードグレゴリウス5世オットー3世学習漢字ユーグカペーアジーズ枕草子ユーグ・カペーユーグカペーカペー家教育漢字

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝範の関連情報