コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧懲小説 カンチョウショウセツ

デジタル大辞泉の解説

かんちょう‐しょうせつ〔クワンチヨウセウセツ〕【勧懲小説】

勧善懲悪主題とする小説。坪内逍遥が使用した語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんちょうしょうせつ【勧懲小説】

〔坪内逍遥の文学用語〕
善玉と悪玉の葛藤かつとうを経て、結局善は栄え悪は滅びるという、勧善懲悪を説く小説。曲亭馬琴の読本よみほんがその典型とみられ、逍遥が「小説神髄」で否定した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勧懲小説の関連キーワード滝沢 秋暁小説神髄曲亭馬琴褒誉善玉読本悪玉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android