コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻立本 えんりっぽんYan Li-ben

6件 の用語解説(閻立本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閻立本
えんりっぽん
Yan Li-ben

[生]?
[没]咸亨4(673)
中国,初唐の画家。万年 (陝西省) の人。隋の閻 毗 (えんび) の子。工部尚書,中書令を歴任した官吏であるが,兄立徳とともに宮廷の絵画関係の仕事や土木建築,服飾など広い分野で活躍。梁の張僧 繇 (ちょうそうよう) の画風を学び,鉄線描風の筆法で人物画を得意とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐りっぽん【閻立本】

[?~673]中国、唐代初期の画家。陝西(せんせい)省万年の人。人物画にすぐれた。唐太宗に仕え、「秦王府十八学士図」などを描いた。「歴代帝王図巻」が現存する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

閻立本【えんりっぽん】

中国,唐初の画家。隋に仕えた父,唐の高祖・太宗に仕えた兄らとともに,絵だけでなく宮廷の服飾,調度等の装飾,宮殿の建築,陵墓の造営など総合的な技術をもって仕えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんりっぽん【閻立本 Yán Lì běn】

?‐673
中国,初唐の政治家,建築家,画家。京兆万年(西安市長安県)の人。北周,隋に仕えた父の閻毗,唐の高祖,太宗,高宗に仕え太宗陵の造営に当たった兄の閻立徳(?‐656)を継いで建築家として唐に仕え,工部尚書から宰相となって(668)没するまでその任にあり,文貞と諡(おくりな)された。ただ,則天武后が力を持ちはじめたときの政局を収拾する宰相としての力量には欠けていた。その本領は閻氏の家業といわれる建築と絵画,ことに絵画において発揮され,太宗即位前のブレーンを描いた《秦府十八学士図》(626),建国の功臣を凌煙閣に描いた《凌煙閣功臣二十四人図》(643)などの制作に当たり,勧戒画が主流をなした初唐の画壇をリードした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんりっぽん【閻立本】

?~673) 中国、唐代の宮廷画家。工部尚書、のち中書令として太宗に仕えた。仏画・人物画を得意とした。ボストン美術館蔵の伝閻立本筆「歴代帝王図巻」は北宋時代の模本とされる。えんりゅうほん。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閻立本
えんりっぽん
(?―673)

中国、唐(とう)初の画家。雍州(ようしゅう)万年県(西安(せいあん))の人。父閻(えんび)、兄閻立徳(りっとく)も画家として有名である。兄立徳(?―656)は尚衣奉御(しょういほうぎょ)、将作大匠(しょうさくだいしょう)、工部尚書(しょうしょ)に至ったが、宮廷の衣服、調度の制作や、陵墓、宮殿、道路、橋梁(きょうりょう)の造営などに活躍した。立本は兄の業を継ぎ、将作大匠、工部尚書を経て、高宗朝の中書令(宰相)となっている。立本は鄭法士(ていほうし)、張僧(ちょうそうよう)の画法を学んだとされ、一家をなしたが、描線は肥痩(ひそう)のない細線で、力と速度のあるものであったらしい。肖像画に巧みで、『秦(しん)王府十八学士図』『凌烟閣(りょうえんかく)功臣図』『外国(使節)図』はいずれも称賛を博した。閻立本作と伝えられるものに、ボストン美術館の『歴代帝王図巻』、北京の故宮博物院の『歩輦(ほれん)図』があるが、確証はない。[吉村 怜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の閻立本の言及

【帝王図】より

…歴代の帝王を選択的にかくもの,ある王朝の皇帝すべてを包含するもの,さらには各朝各代の皇帝の独立した肖像画など,種々の作例がある。前漢昭帝から隋煬帝(ようだい)まで13人の帝王をかいた伝閻立本《帝王図巻》(ボストン美術館)は第1の,清朝内府に収蔵されていた《南薫殿図像》(台北故宮博物院)のうち《宋代帝半身像冊》は第2の,都合11幅を数える《明太祖像》は第3のものの例である。それらは勧戒の意はもちろん,各朝においては尊崇の意をこめたものでもあり,軸物は寺観などに別に場所を設けて掲げ礼拝の対象とされた。…

【唐】より

… 唐は隋に引き続き,行政や軍事といった国家の根幹にかかわる制度については,おもに北朝の伝統を受け継いだが,芸術や文学については,漢民族の伝統を守ってきた南朝の貴族文化を受け継ぐことが多かった。唐初の人物画の名手であった閻立本(えんりつぽん)は顧愷之(こがいし)の手法を発展させたし,初唐の三大書家といわれる虞世南欧陽詢褚遂良(ちよすいりよう)は王羲之の正統を伝えて楷書を完成させた。儒教においても,太宗が孔頴達(くようだつ)に命じて編集させた《五経正義》は,漢以来の古典解釈学を集大成したものであるが,多く南朝の学説が採用された。…

※「閻立本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

閻立本の関連キーワード沙宅紹明ビジット・ジャパン野口王墓古墳閻立本ベーダ矢田寺大官大寺吐【か】喇列島大伯皇女紀阿閉麻呂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone