勧杯(読み)けんぱい

精選版 日本国語大辞典「勧杯」の解説

けん‐ぱい【勧杯】

〘名〙 (「けん」は「勧」の漢音) 杯を相手にさし出して、酒をすすめること。転じて、杯事。酒宴。かんぱい。
※和漢朗詠(1018頃)上「煙霞の遠近同戸なるべし 桃李の浅深勧盃に似たり〈菅原道真〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勧杯」の解説

けん‐ぱい【勧杯/×盃】

相手に杯を差し出して酒を勧めること。かんぱい。
「中納言対面して、―の後、これも女の装束かづけらる」〈増鏡・さしぐし〉

かん‐ぱい〔クワン‐〕【勧杯/勧×盃】

けんぱい(勧杯)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android