コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学発光 かがくはっこうchemiluminescence

5件 の用語解説(化学発光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学発光
かがくはっこう
chemiluminescence

化学ルミネセンスともいう。化学反応に伴う発光現象。光で化学反応が進む光化学反応と逆の経路の反応。化学発光の多くは青色である。代表例としてはルミノールアルカリ性水溶液に,血液や鉄塩の存在下で過酸化水素を加えると青白く発光する反応がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かがく‐はっこう〔クワガクハツクワウ〕【化学発光】

化学反応に伴って発光する現象。例えば、ルミノールが酸化されて青紫色の光を放つなど。化学ルミネセンスケミルミネセンス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

化学発光【かがくはっこう】

化学ルミネセンス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

化学発光

 化学反応にともなって光が発する現象.化学反応によって生成するエネルギーの一部が光となって放出されること.この現象を利用して油脂の酸化を測定する方法がある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学発光
かがくはっこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化学発光の言及

【化学ルミネセンス】より

…化学反応に伴うルミネセンス(発光)のことで,化学発光ともいう。この現象は,化学反応の結果生成した振動的または電子的に励起したエネルギーに富む原子または分子(これらを以下励起分子と総称する)が,(1)それ自体で発光する場合,(2)他の原子・分子と衝突してこれを励起して発光させる場合,(3)別の励起分子と衝突して発光する場合,などに起こる。…

※「化学発光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学発光の関連情報