コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷村 キョウソン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐そん〔キヤウ‐〕【郷村】

ごうそん(郷村)

ごう‐そん〔ガウ‐〕【郷村】

村里。きょうそん。
中世から近世にかけての村落共同体。室町時代、農民の自治団結体としての惣(そう)として成長。その後、近世封建体制のもとで、領主は農民支配の便宜のための行政単位として設定した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうそん【郷村】

むらざと。里。
室町時代、有力農民を中心に形成されてきた自治的組織をもつ村落の連合体。江戸時代には封建支配のための行政機構となった。惣そう。惣村。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

郷村の関連キーワード五人組(日本史)新編武蔵風土記稿はだしの医者慶安の御触書村落共同体倉橋 良平蔵前入用金大名領国制網野[町]森本 巌夫郷倉・郷蔵若者仲間鍋島直正浅草御蔵江戸時代室町時代行政機構浦百姓募役法加助郷

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷村の関連情報