コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北向道陳 きたむき どうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北向道陳 きたむき-どうちん

1504-1562 戦国時代の茶人。
永正(えいしょう)元年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の人。足利将軍家の茶の湯を空海(島右京)にまなぶ。千利休にはじめて茶の湯をおしえ,親交のあった武野紹鴎(じょうおう)に利休を推薦したという。茶道具目利きとしても知られ,おおくの名物道具を所持した。永禄(えいろく)5年1月18日死去。59歳。本姓は荒木。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北向道陳

没年:永禄5.1.18(1562.2.21)
生年:永正1(1504)
戦国時代の堺の茶人。千利休の師。姓は荒木。北向きの家に住したことから通称としたと伝える。家業は医者もしくは皮革業。堺南宗寺の大林宗套に参禅して,古岑の号を受ける。室町幕府同朋衆能阿弥小姓であった空海に書院の茶を学び,目利きとしても知られた。千利休に茶の湯を教え,のち武野紹鴎に紹介したという。松花茶壺(徳川美術館蔵),虚堂智愚墨跡などの名物道具を所持した。茶碗や茶杓など,いくつかの遺品が現存している。

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたむきどうちん【北向道陳】

1504~1562) 戦国時代の茶人。堺の人。本姓は荒木。千利休の最初の茶の湯の師匠で、利休を武野紹鷗じようおうに引き合わせたという。通称の由来は北向きの家に住したからとか、門内の北向きに大木があったからとかいわれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

北向道陳の関連キーワード千利休(せんのりきゅう)空海(2)没年茶扇門内

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android