コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北向道陳 きたむき どうちん

3件 の用語解説(北向道陳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北向道陳 きたむき-どうちん

1504-1562 戦国時代の茶人。
永正(えいしょう)元年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の人。足利将軍家茶の湯を空海(島右京)にまなぶ。千利休にはじめて茶の湯をおしえ,親交のあった武野紹鴎(じょうおう)に利休を推薦したという。茶道具目利きとしても知られ,おおくの名物道具を所持した。永禄(えいろく)5年1月18日死去。59歳。本姓は荒木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北向道陳

没年:永禄5.1.18(1562.2.21)
生年:永正1(1504)
戦国時代の堺の茶人。千利休の師。姓は荒木。北向きの家に住したことから通称としたと伝える。家業は医者もしくは皮革業。堺南宗寺の大林宗套に参禅して,古岑の号を受ける。室町幕府の同朋衆・能阿弥の小姓であった空海に書院の茶を学び,目利きとしても知られた。千利休に茶の湯を教え,のち武野紹鴎に紹介したという。松花茶壺(徳川美術館蔵),虚堂智愚墨跡などの名物道具を所持した。茶碗や茶杓など,いくつかの遺品が現存している。

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたむきどうちん【北向道陳】

1504~1562) 戦国時代の茶人。堺の人。本姓は荒木。千利休の最初の茶の湯の師匠で、利休を武野紹鷗じようおうに引き合わせたという。通称の由来は北向きの家に住したからとか、門内の北向きに大木があったからとかいわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北向道陳の関連キーワード万代屋宗安利休好み利休の茶石橋良叱重宗甫千吟千紹二谷宗臨薬師院幽琢

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北向道陳の関連情報