北村政治郎(読み)きたむら まさじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村政治郎 きたむら-まさじろう

1882-1933 明治-昭和時代前期の通信技術者。
明治15年4月生まれ。逓信省電気試験所にはいり,明治45年鳥潟右一(とりがた-ういち),横山英太郎とともにTYK式無線電話機を発明。また各種の電信電話装置を開発する。大正5年学士院賞。14年東京放送局(現NHK)技師長。昭和8年3月28日死去。52歳。滋賀県出身。東京郵便通信学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北村政治郎
きたむらまさじろう
(1882―1933)

無線電信の開拓者の一人。滋賀県大津市に生まれ、8歳のとき叔父北村斎一郎の養子になり新潟市に移った。19歳のとき東京郵便通信学校に入学し、1904年(明治37)卒業。同年逓信(ていしん)省電気試験所に就職、1912年にTYK式無線電話機を鳥潟右一(とりがたういち)、横山英太郎(1883―1966)とともに発明した。この瞬滅火花式(毎秒数万回の火花放電により持続電波を発生させる)送信器と鉱石検波器(整流作用をもつ鉱石を利用した検波器)を組み合わせた発受信装置は、日本最初の実用化された対船舶用無線電話であった。その後、同試験所の丸毛登(まるものぼる)(1888―1969)の協力のもとに高周波式有線多重電信電話装置・有線両電話接続装置、送電線における高周波通信方式を発明。1924年(大正13)退官。翌1925年開局した東京放送局(現、NHK)の技師長となり、放送事業の発展に尽くした。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android