コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村政治郎 きたむら まさじろう

2件 の用語解説(北村政治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村政治郎 きたむら-まさじろう

1882-1933 明治-昭和時代前期の通信技術者。
明治15年4月生まれ。逓信省電気試験所にはいり,明治45年鳥潟右一(とりがた-ういち),横山英太郎とともにTYK無線電話機を発明。また各種の電信電話装置を開発する。大正5年学士院賞。14年東京放送局(現NHK)技師長。昭和8年3月28日死去。52歳。滋賀県出身。東京郵便通信学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北村政治郎
きたむらまさじろう
(1882―1933)

無線電信の開拓者の一人。滋賀県大津市に生まれ、8歳のとき叔父北村斎一郎の養子になり新潟市に移った。19歳のとき東京郵便通信学校に入学し、1904年(明治37)卒業。同年逓信(ていしん)省電気試験所に就職、1912年にTYK式無線電話機を鳥潟右一(とりがたういち)、横山英太郎(1883―1966)とともに発明した。この瞬滅火花式(毎秒数万回の火花放電により持続電波を発生させる)送信器と鉱石検波器(整流作用をもつ鉱石を利用した検波器)を組み合わせた発受信装置は、日本最初の実用化された対船舶用無線電話であった。その後、同試験所の丸毛登(まるものぼる)(1888―1969)の協力のもとに高周波式有線多重電信電話装置・有線両電話接続装置、送電線における高周波通信方式を発明。1924年(大正13)退官。翌1925年開局した東京放送局(現、NHK)の技師長となり、放送事業の発展に尽くした。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北村政治郎の関連キーワード織田東禹小山善佐村益雄白神邦二筒井正雄西脇晋能村磐夫藤野準山崎直三若尾謹之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone