北村重威(読み)きたむら しげたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村重威 きたむら-しげたけ

1819-1906 明治時代の実業家。
文政2年生まれ。もと京都仏光寺の寺侍。維新後,岩倉具視(ともみ)について東京へ出,明治5年馬場先門前に精養軒を開業するが,開店当日の大火類焼。翌年京橋采女(うねめ)町に再建,わが国で初の本格的レストランとなった。9年上野公園の開園とともに支店をだす。明治39年死去。88歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android