コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時輔 ほうじょう ときすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時輔 ほうじょう-ときすけ

1248-1272 鎌倉時代の武将。
宝治(ほうじ)2年5月28日生まれ。北条時頼の子。文永元年六波羅(ろくはら)探題南方となる。異母弟時宗が執権をついだのを不満とし,蒙古高麗使者との交渉でも時宗と対立。9年時宗の命をうけた六波羅探題北方の赤橋(北条)義宗に攻められ,2月15日京都で戦死。25歳。吉野にのがれたともいう。幼名は宝寿丸。通称は相模三郎時利。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北条時輔

没年:文永9.2.15(1272.3.15)
生年:宝治2.5.28(1248.6.21)
鎌倉中期の六波羅探題。北条時頼と将軍家讃岐の子。時宗の異母兄。幼名宝寿丸。式部大輔。康元1(1256)年元服,時利と名乗る。のち時輔に改名。長兄であったが弟時宗,宗政の下位に置かれた。文永1(1264)年六波羅探題南方に就任。同9年執権時宗の命を受けた探題北方の義宗に攻められ,京都で戦死した。この直前,鎌倉で名越時章,教時兄弟が討たれており,蒙古襲来の危機の高まりのなかで,得宗時宗の権力確立のため,同時に排除されたと考えられる。ただし吉野に逃亡したともいう。庶兄ゆえの不運な生涯であった。

(森幸夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

北条時輔 (ほうじょうときすけ)

生年月日:1248年5月28日
鎌倉時代前期の六波羅探題
1272年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の北条時輔の言及

【二月騒動】より

…1272年(文永9)2月におこった北条一族の内紛。北条時頼の庶子時輔(ときすけ)は六波羅探題南方として京都にいたが,異母弟の時宗が得宗・執権となって幕府の権力の座についたことに不満をもち,謀反を企てた。これを察知した時宗は機先を制して,時輔の与党とみられた名越時章・教時兄弟を鎌倉で討ち,さらに六波羅探題北方の北条義宗に命じて時輔を討たせた。しかし事件後,時章は謀反計画に無関係であったことが判明し,その討伐は誤りであったとして討手は処刑され,時章の子公時は所領を安堵された。…

※「北条時輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北条時輔の関連キーワード世良田頼氏佐々木頼泰赤橋義宗北条時宗生年月日二月騒動鎌倉時代伯耆国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android