北海道日本ハムファイターズ(読み)ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず)
ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず

日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグ(パ・リーグ)所属。欧文表記はHokkaido Nippon Ham Fighters。フランチャイズを北海道に置き、札幌ドームを本拠地としている。球団名の変遷は、セネタース(1946年)―東急フライヤーズ(1947年)―急映フライヤーズ(1948年)―東急フライヤーズ(1949年)―東映フライヤーズ(1954年)―日拓ホームフライヤーズ(1973年)―日本ハムファイターズ(1974年)―北海道日本ハムファイターズ(2004年)。
 1946年(昭和21)にセネタースとして発足し、1リーグ時代から続く球団だが、初のリーグ優勝は東映フライヤーズ時代の1962年まで待たなければならなかった。この年、水原茂監督がチームを率い、打線では首位打者7回を記録する張本勲(はりもといさお)、毒島章一(ぶすじましょういち)(1936― )らが、投手では前年の高校野球選手権優勝投手で「怪童」とよばれた尾崎行雄(1944―2013)、土橋正幸(どばしまさゆき)(1935―2013)らが活躍した。日本シリーズでも阪神タイガースを降し、球団史上初の日本一となった。1965年には強打の大杉勝男が入団した。日拓ホーム時代も含めてフライヤーズの名称は1973年まで残ったが、1974年からは日本ハムへ球団が売却され、球団名も変更。1980年には、木田勇(1954― )が投手部門タイトルを独占し最優秀選手(MVP)と新人王を同時受賞する驚異的なデビューを飾った。翌1981年はトニー・ソレイタTolia Solaita(1947―1990)が本塁打と打点の二冠王となり、救援に転向して「優勝請負人」とよばれるようになっていた江夏豊が最優秀選手(MVP)に選ばれる活躍で、2回目のリーグ優勝を果たした。しかし、その後は低迷状態が続いた。1952年のフランチャイズ制施行以来、フランチャイズを東京都に置いていたが、2004年(平成16)からは北海道に移し、本拠地も東京ドームから札幌ドームに移転した。同年、大リーグから日本球界へ復帰した新庄剛志(しんじょうつよし)(1972― )の活躍などで4年ぶりのAクラス(3位)となり、この年からパ・リーグが導入した公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームによるプレーオフ(現クライマックス・シリーズ)に出場したが、公式戦2位の西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)に敗れた。2005年は5位と低迷したが、翌2006年は公式戦1位となり、プレーオフも制してリーグ優勝(2007年からは公式戦1位がリーグ優勝)を果たした。さらに、日本シリーズでは中日ドラゴンズを降して、球団創設以来2回目、44年ぶりの日本一となった。[山下 健]

2007年以降

2007年はリーグ優勝してクライマックス・シリーズへ出場、千葉ロッテマリーンズを降し、2年連続で日本シリーズ出場を果たした。しかし、前年と同じ顔合わせとなったシリーズでは中日に敗れ、2連覇はならなかった。
 2007年までの通算成績は、3723勝4151敗311分け、リーグ優勝4回、プレーオフ優勝2回(うちクライマックス・シリーズ優勝1回)、日本シリーズ優勝2回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道日本ハムファイターズの関連情報