コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張本勲 ハリモトイサオ

3件 の用語解説(張本勲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はりもと‐いさお〔‐いさを〕【張本勲】

[1940~ ]プロ野球選手。広島の生まれ。昭和34年(1959)東映(北海道日本ハムの前身)に入団し、新人王となる。その後は広角打法で安打を量産、日本プロ野球記録となる7度の首位打者獲得を達成。巨人ロッテへの移籍後も活躍し、同55年、球界初の3000本安打を記録した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

張本勲 はりもと-いさお

1940- 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和15年6月19日生まれ。昭和34年東映に入団。外野手,4番をうち新人王。芸術的な広角打法で,首位打者7回(日本記録)。51-54年巨人に在籍,55年ロッテに移籍し,日本プロ野球初の3000本安打を達成した。実働23年,通算3085安打,3割1分9厘,504本塁打,1676打点,319盗塁。平成2年野球殿堂入り。広島県出身。浪華商(現大体大浪商)卒。本名は張勲。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張本勲
はりもといさお
(1940― )

プロ野球選手(外野手:左投左打)。6月19日、広島県生まれ。浪華(なにわ)商(現、大阪体育大学浪商(なみしょう)高)から1959年(昭和34)に東映フライヤーズ(現、北海道日本ハムファイターズ)へ入団、1年目からレギュラーの座を勝ち取り、新人王に選ばれた。1961年には初の首位打者を獲得、翌1962年には無冠ながら最高殊勲選手(現、最優秀選手)にも輝いた。1967年からは4年連続首位打者となったが、なかでも1970年にあげた3割8分3厘の打率は、当時のシーズン最高記録であった。(1986年にバースが3割8分9厘を打って記録更新)。さらに、1972年と1974年にもタイトルを手にし、首位打者7回はイチローとならんでプロ野球記録(2015年時点)である。1976年には読売ジャイアンツ(巨人)、1980年にはロッテオリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)へ移籍し、1981年で引退。ホームランを「ヒットの延長」ととらえ、右に左に自在に打ち返す技法は「広角打法」とよばれた。通算3085安打はプロ野球記録(2015年時点)である。[出村義和]
 23年間の通算成績は、出場試合2752、安打3085、打率3割1分9厘、本塁打504、打点1676。獲得したおもなタイトルは、新人王、首位打者7回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回、ベストナイン16回。1990年(平成2)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『張本勲著『張本勲の実戦打撃論』(1982・スポニチ出版) ▽山本徹美著『誇り――人間張本勲』(1995・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張本勲の関連キーワード大下弘福本豊日本プロ野球選手会プロ野球選手会労組大杉勝男河野安通志田宮謙次郎米田哲也池永正明並木輝男

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

張本勲の関連情報