コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大杉勝男 オオスギカツオ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大杉勝男 おおすぎ-かつお

1945-1992 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和20年3月5日生まれ。40年テスト生で東映に入団。飯島滋弥コーチの指導で強打の一塁手に成長。45,46年と連続本塁打王,打点王2回。50年ヤクルトに移籍,58年プロ野球初の両リーグ1000本安打を達成。実働19年,通算2228安打,2割8分7厘,486本塁打。9年野球殿堂入り。平成4年4月30日47歳。9年野球殿堂入り。岡山県出身。関西高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大杉勝男
おおすぎかつお
(1945―1992)

プロ野球選手(内野手:右投右打)。3月5日、岡山県生まれ。関西(かんぜい)高から丸井へ入社後、1965年(昭和40)に東映フライヤーズ(現、北海道日本ハムファイターズ)へ入団、1967年からレギュラーとなり、一塁手を務めた。飯島滋弥(しげや)コーチの「月に向かって打て」の助言で急成長したことは有名である。1970年に本塁打王と打点王を手にし、翌1971年も本塁打王を獲得したが、この年には史上初の5者連続本塁打の締めくくりの5人目の打者を務めた。1972年には2回目の打点王、1973年には6試合連続本塁打のパシフィック・リーグ記録を樹立した。1975年からはヤクルトスワローズ(現、東京ヤクルトスワローズ)に移籍、1978年には初体験となる優勝を味わった。さらに阪急ブレーブス(現、オリックス・バファローズ)との日本シリーズ最終戦で自らのホームランがフェアかファウルかをめぐって、敵将上田利治(としはる)による史上最長1時間19分の猛抗議をよんだが、それが決勝ホームランとなり、日本一にもなった。1983年に引退するまで、初の両リーグにおける1000安打をマーク、しかし両リーグ200本塁打にはあと1本、及ばなかった。熱血漢で、乱闘での武勇伝は数知れず、ホームランを打ってスタンドに投げキスするパフォーマンスでも人気があった。[出村義和]
 19年間の通算成績は、出場試合2235、安打2228、打率2割8分7厘、本塁打486、打点1507。獲得したおもなタイトルは、本塁打王2回、打点王2回、ベストナイン5回、ダイヤモンドグラブ賞(現、ゴールデン・グラブ賞)1回。1997年(平成9)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『大杉勝男著『大杉勝男のバット人生』(1984・リイド社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大杉勝男の関連キーワード北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず)大杉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大杉勝男の関連情報