コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太武帝 たいぶてい Tai-wu-di; T`ai-wu-ti

5件 の用語解説(太武帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太武帝
たいぶてい
Tai-wu-di; T`ai-wu-ti

[生]天賜5(408)
[没]承平1(452)
中国,北魏の第3代皇帝 (在位 423~452) 。姓名は拓跋 燾 (たくばつとう) 。明元帝の長子。初めは南の宋と好を修め,北辺防備,華北統一に努めたので,五胡十六国時代が終った。華北統一後,再び柔然に大打撃を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいぶ‐てい【太武帝】

[408~452]中国、北魏第3代の皇帝。在位423~452。宰相の崔浩(さいこう)の補佐を得て、南朝と修交に努め、華北統一を完成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいぶてい【太武帝 Tài wǔ dì】

408‐452
中国,北の第3代皇帝,世祖拓跋燾(たくばつとう)(鮮卑名仏狸)。在位423‐452年。第2代明元帝の長子。明元帝の治世は道武帝被弑後の混乱を収拾するため内政の整備につとめたが,太武帝はその基盤の上に再び対外伸長を図った。北方の柔然に打撃を与えたのち,漢人貴族崔浩(さいこう)を顧問として夏,北燕,北涼をつぎつぎに平定,遼東から河西に及ぶ華北全域を統一して五胡十六国の分立時代に終止符を打った。かくて長江(揚子江)北岸まで南進して宋をおびやかしたが,これは一時的作戦に終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいぶてい【太武帝】

408~452) 中国、北魏の第三代皇帝(在位423~452)。華北を統一し、南朝宋との修好に努めたが、道教を厚く信仰し、仏教を弾圧した。 → 三武一宗さんぶいつそう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太武帝
たいぶてい
(408―452)

鮮卑(せんぴ)系拓跋(たくばつ)氏が建てた北魏(ほくぎ)王朝の第3代皇帝(在位423~452)。廟(びょう)号は世祖。名は(とう)、字(あざな)は仏貍(ふつり)。16歳で即位すると、鮮卑兵を主力とする国軍を督率して周辺諸国(夏(か)、北燕(ほくえん)、北涼(ほくりょう)、柔然(じゅうぜん))に侵略した。敵に臨んでは自ら士卒の先頭にたち、439年華北を統一した。その間よく臨戦体制を補佐した漢人官僚崔浩(さいこう)をブレーンとし、さらに崔浩の推挙により道士寇謙之(こうけんし)を寵用(ちょうよう)した。440年には年号を太平真君(たいへいしんくん)と改め、442年には道教の祭壇に昇って天の符(ふろく)(神秘な予言を記したもの)を授かるなど、道教を厚く保護した。ついで446年、崔浩の意見をいれて中国最初の仏教弾圧政策(太武の廃仏)を断行した。太武帝の時代は、北魏の鮮卑族支配層が遊牧封建制から中国的官僚制に移行する過渡期にあり、漢人官僚の登用が進められる一方、鮮卑系有力者の不満も蓄積していた。450年、崔浩が鮮卑を侮辱する国史を編纂(へんさん)したとして告発され刑死した象徴的な事件ののち、後継者問題が伏流するなかで、452年2月、宦官(かんがん)宗愛(そうあい)によって殺された。[佐藤智水]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太武帝の言及

【魏】より

…これよりさき部落解散を断行して族長層の部落統率権を君主に集中したが,旧部族民はその後も漢族と異なるあつかいを受け,国軍の精鋭として征戦に活躍した。第3代太武帝は夏,北燕,北涼を征服して華北を統一し,五胡十六国時代を終わらせた。帝国の発展に伴って漢人貴族の政権参加も一般化し,北族中心の国家体制を改革する必要が生じた。…

【寇謙之】より

…ついで老君の玄孫,牧土宮主から道書を授けられ,北方の太平真君を輔(たす)けて道教を宣布するよう命ぜられた。寇謙之はこうした宗教的体験をもとに北魏朝廷に接近し,太武帝の信臣崔浩を仲介として帝の尊崇を受けた。首都平城の東南に天師道場を起こし,また高大な静輪宮を営み道壇を築いた。…

※「太武帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太武帝の関連キーワード孝文帝司馬炎拓跋珪拓跋氏北周洛陽伽藍記拓跋魏道武帝忽必烈明の十三陵

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone