コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沮渠蒙遜 そきょもうそんJu-qu Meng-xun; Chü-ch`ü Mêng-hsün

2件 の用語解説(沮渠蒙遜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沮渠蒙遜
そきょもうそん
Ju-qu Meng-xun; Chü-ch`ü Mêng-hsün

[生]太和3(368)
[没]義和3(433)
中国,五胡十六国の北涼 (→ ) の始祖 (在位 401~433) 。匈奴族。諡は武宣王。初め後涼の呂光に仕え,のち叛して北涼王段業に属したが,永安1 (401) 年段業を殺して張掖 (甘粛省) で自立し,張掖公と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょきょもうそん【沮渠蒙遜 Jū qú Měng xùn】

368‐433
中国,北の創建者。臨松郡盧水地方(甘粛省張掖)に定住する匈奴人部落の族長で,沮渠という姓は匈奴貴族の職名に由来する。沮渠蒙遜は文武の才あり,後涼から自立を図り,さらに西涼,南涼,西秦などと戦って河西諸都市を占領,412年(玄始1)姑臧(武威)によって河西王を称した。政治に意を用い,その治世はおおむね安定的であった。南朝宋に入貢して《易経》その他の書物を求めたことはよく知られるが,一方北魏にも服属して,涼州牧,涼王などの官爵を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の沮渠蒙遜の言及

【涼】より

…通称は北涼。張掖(ちようえき)(甘粛省張掖県)付近にあった匈奴部落の首領沮渠蒙遜(しよきよもうそん)は,近親が後涼の呂光(337‐399)に殺されたので挙兵して397年(神璽1)呂光の臣下段業(?‐401)を涼州牧に戴いた。401年(永安1)段業を殺してみずから涼州牧を称し,一方で秦(後秦)に臣属すると同時に南涼から姑臧(こぞう)を奪い,ここに遷都して河西王を称した。…

※「沮渠蒙遜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

沮渠蒙遜の関連キーワード国営農地開発事業軍医学校跡地の人骨養蚕県人口塩素酸カリウム奥出雲[町]香美[町]伊勢本街道 御杖美杉飯南[町]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone