後涼(読み)あとすずみ

精選版 日本国語大辞典「後涼」の解説

あと‐すずみ【後涼】

〘名〙 近世、京祇園町のくるわことば。陰暦六月一八日から(期間不定)の納の称。芸妓の練り物などがあってにぎわった。六月七日(のちには六日)から一四日までの祇園会の期間を大涼みと呼ぶのに対する。六月七日から一八日までにぎわう四条河原の夕涼みは、一般には単に「涼み」と呼び、「あとの涼み」とは別。
※洒落本・くたまき綱目(1761)水辺之詞「床(ゆか)。川(かは)。床几(せうぎ)。跡涼(あとすずみ)

こう‐りょう ‥リャウ【後涼】

中国、五胡十六国の一つ。三八六年(てい)呂光が前から独立して甘粛建国。都は姑臧(甘粛省武威県)。四代で、四〇三年、後秦に滅ぼされた。

あと‐の‐すずみ【後涼】

ご‐りょう ‥リャウ【後涼】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「後涼」の解説

後涼
こうりょう

384〜403
五胡十六国の一国
前秦の苻堅 (ふけん) に仕えた氐 (てい) 族の呂光 (りよこう) がその始祖。呂光は苻堅の淝水 (ひすい) の敗戦を聞くと,そのまま甘粛に根拠して建国。403年後秦に征服された。

後涼
ごりょう

こうりょう

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の後涼の言及

【涼】より

…386‐403年。通称は後涼。略陽(甘粛省秦安県)の(てい)族の首領呂光(りよこう)によって創建された。…

※「後涼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android