北祭(読み)キタマツリ

大辞林 第三版の解説

きたまつり【北祭】

京都の上賀茂神社と下鴨神社両社の例祭(葵あおい祭)の別名。石清水いわしみず八幡宮の祭りを「南祭」というのに対する。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きた‐まつり【北祭】

〘名〙
① 京都の賀茂神社の祭。陰暦四月の例祭と一一月の臨時祭がある。石清水八幡宮の祭を「南祭」というのに対していう。あおい祭。
※山家集(12C後)下「きたまつりの頃、賀茂にまゐりたりけるに」 〔匠材集(1597)〕
② 九月三〇日、大阪の住吉神社で、神輿(みこし)が玉手島仮宮に渡御し、祝詞をあげる神送りの式。住吉の神送り。《季・秋》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北祭の関連情報