コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北西部領地条例 ほくせいぶりょうちじょうれい Northwest Ordinance of 1787

1件 の用語解説(北西部領地条例の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北西部領地条例
ほくせいぶりょうちじょうれい
Northwest Ordinance of 1787

1787年アメリカ大陸会議によって制定された西部の政府組織法。同年フィラデルフィア合衆国憲法制定会議で起草された連邦憲法とあわせてアメリカの基本法となった。独立戦争の結果アメリカ領土となったオハイオ川以北のいわゆる旧北西部地方をいくつかの地域に分け,まず大陸会議の任命した総督による統治,次に自由成人男子人口が 5000人に達したとき議会を設けて准邦 (州) となり,さらに自由住民が6万人に達し共和制に基づく憲法を制定することにより,独立 13邦 (州) と対等な邦 (州) として連邦への加入が認められる,という連邦への段階的加入を規定したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北西部領地条例の関連キーワードアメリカ独立宣言アメリカの声アングロアメリカ大陸会議旧大陸汎米会議アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone