北越銀行(読み)ほくえつぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北越銀行
ほくえつぎんこう

地方銀行。 1878年創業の第六十九国立銀行と 96年創業の長岡銀行が 1942年に合併して長岡六十九銀行を設立。 43年長岡貯蓄銀行を合併。 45年加茂信用組合を継承。 48年現社名に変更。 61年外国為替業務開始。新潟を地盤とし地場産業優先の経営方針のもと,県内全域に支店網を展開。資金量1兆 7958億 5300万円,資金構成は定期 68%,普通 19%,当座4%,通知1%,その他8%。経常収益 719億 800万円 (連結) ,資本金 212億 7100万円,従業員数 2067名,店舗数県内 93,県外7 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

北越銀行

正式社名「株式会社北越銀行」。通称「北銀ほくぎん」。英文社名「The Hokuetsu Bank, Ltd.」。銀行業。昭和17年(1942)「株式会社六十九銀行」と「株式会社長岡銀行」が合併し「株式会社長岡六十九銀行」設立。同23年(1948)現在の社名に変更。本店は新潟県長岡市大手通。地方銀行。長岡市の指定金融機関。県内全域に店舗展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード8325。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北越銀行の関連情報