医師ビュルガーの運命(読み)いしビュルガーのうんめい(英語表記)Die Schicksale Doktor Bürgers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医師ビュルガーの運命
いしビュルガーのうんめい
Die Schicksale Doktor Bürgers

ドイツの作家 H.カロッサの小説。 1930年刊。結核の治療に専心する青年医師ビュルガーは,医者の本分は技術面にのみあるのではなく,患者の内面にまで立入り,精神面での治療もしなければならないと信じている。そんなとき,患者の一人である若い女性と医師の立場をこえて恋愛関係に入ってしまい,患者としてみることができず彼女を死にいたらしめる。自責の念にかられたビュルガーは毒をあおって自殺する。 13年に処女作として発表した『医師ビュルガーの最期』 Doktor Bürgers Endeに手を加え改題したもので,日記体による自伝的小説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報