十七絃(読み)じゅうしちげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

17本の弦をもつ箏(そう)。1921年(大正10)従来の13弦の箏に対する低音伴奏用として、宮城道雄(みやぎみちお)が考案した。製作者は鶴川新兵衛。『花見船』で初めて用いられ、当初は「十七絃琴」「大琴(おおごと)」などともよばれたが、のち「十七絃」の名称で定着した。形は普通の箏と同じであるが、長さ8尺(約245センチメートル)と大きく、糸も4倍のものを用いた。調弦は柱(じ)の移動だけでなく、主としてピンで張力を調節して行われ、C2~E4の音域で用いられた。のちF2~D5とやや高めの音域用に長さ7尺(約210センチメートル)のものをつくったので、先のを大十七絃、後のを小十七絃とよんだが、大十七絃も運搬の便のため、竜頭(りゅうず)を短くして7尺近い長さになったので、単に十七絃とよぶようになった。

[平山けい子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十七絃の関連情報