コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十九貞衛 つづ さだえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十九貞衛 つづ-さだえ

1830-1892 幕末-明治時代の武士,軍人。
文政13年1月4日生まれ。肥前大村藩(長崎県)藩士尊王をとなえた大村藩三十七士のひとり。戊辰(ぼしん)戦争では東北でたたかい,参謀から大隊長となる。明治4年藩の歩兵中隊長に任じられ,熊本の鎮西鎮台におもむき副官となる。明治25年12月2日死去。63歳。本姓稲垣。通称は巳之助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十九貞衛の関連キーワード明治時代軍人幕末武士

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android