十九貞衛(読み)つづ さだえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十九貞衛 つづ-さだえ

1830-1892 幕末-明治時代の武士,軍人。
文政13年1月4日生まれ。肥前大村藩(長崎県)藩士尊王をとなえた大村藩三十七士のひとり。戊辰(ぼしん)戦争では東北でたたかい,参謀から大隊長となる。明治4年藩の歩兵中隊長に任じられ,熊本の鎮西鎮台におもむき副官となる。明治25年12月2日死去。63歳。本姓稲垣。通称は巳之助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android