コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八界 じゅうはちかいaṣṭādaśa dhātavaḥ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十八界
じゅうはちかい
aṣṭādaśa dhātavaḥ

仏教用語。すべての存在をわれわれの認関係からとらえた 18種の範疇。すなわち,,舌,の6種の感覚器官 (→六根 ) と,その対象である色,声,香,味,,法の6種 (→六境 ) と,対象と感覚とによって生じる6種の心の働き,すなわち眼識耳識,鼻識,舌識,身識,意識 (→六識 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐かい〔ジフハチ‐〕【十八界】

仏語。眼・耳・鼻・舌・身・意の六根と、その対象となる色・声・香・味・触・法の六境と、六根が六境を認識する眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識の六識のこと。十八境

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうはちかい【十八界】

〘仏〙 存在の領域を18種に分類したもの。眼・耳・鼻・舌・身・意の六つの感覚器官、すなわち六根と、その対象となる色・声・香・味・触・法の六境と、この根・境の和合によって生じる眼・耳・鼻・舌・身・意の六識をいう。十八境界。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十八界の言及

【空観】より

…空観という用語自体は中国仏教において成立したものであるが,これをインド仏教にあてはめるならば,およそ3種の空観が存在したと言える。 第1は,原始仏教から部派仏教にかけて行われたもので,すべての存在を五蘊(ごうん),十二処,十八界などの諸要素(法)に分析し,そこに自我はない(人空)と見るものである。これは,自我への執着を絶つことを目的としたが,諸要素の実在を肯定する多元論的実在論に陥った。…

【ダルマ】より

…(3)ものごととしてのダルマ 〈保つもの〉〈支持するもの〉という語源から発して,仏教では,ダルマは,身心を中心として,世界を成り立たしめるさまざまな要素としても解せられた。その一つの分類が,五蘊(ごうん),十二処,十八界というものである。五蘊というのは,身心を基本的に構成する色(しき),受,想,行(ぎよう),識という五つのグループのことである。…

※「十八界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十八界の関連キーワード蘊・処・界法界六つ領域和合空観

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android