コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市石谷 とおち せきこく

1件 の用語解説(十市石谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十市石谷 とおち-せきこく

1793-1853 江戸時代後期の画家。
寛政5年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)藩士。文人画家の田能村竹田(たのむら-ちくでん)と親交があり,また長崎の鉄翁祖門(てっとう-そもん)は「古法をもちてよく新趣をいだす」と石谷の画を評している。嘉永(かえい)6年死去。61歳。名は賚。字(あざな)は子(士)元。通称は恕輔。別号に霞村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

十市石谷の関連キーワード宋紫岡東東寅小倉東渓小田昂斎木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄館霞舫村梅岳

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone