コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十月党 じゅうがつとうOktyabristy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十月党
じゅうがつとう
Oktyabristy

ロシア帝政末期の政党。正式名称は,「十月十七日同盟」。 1905年末自由主義貴族,財界の有力者などを中心に結成。同年の十月宣言の趣旨にそって,普通選挙と市民的自由を基礎とする立憲君主制を主張し,また農業問題では,地主所有地の収用,農民への割譲はできるだけ避け,不可避の場合には正当な補償が必要であるとした。 17年の二月革命時の国会議長 M.V.ロジャンコや臨時政府の陸相となった A.I.グチコフらが指導者。 07年 P.A.ストルイピンによって,選挙法が有産階級に有利に変更された第3国会では,約 150名の議員をもつ第1党的な存在となり,ストルイピンの政策を支持する中心勢力となった。 12年末以後の第4国会でもかなりの勢力を維持し続けたが,二月革命後は影響力を失い,やがて消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

十月党【じゅうがつとう】

オクチャブリスト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十月党
じゅうがつとう
Октябристы Oktyabrist ロシア語

帝政ロシアの政党。正式名は「一〇月一七日同盟」。オクチャブリストともよばれる。1905年10月17日に出された「十月宣言」のあとに設立された。大地主とブルジョアジーからなるリベラル右派の政党で、革命と戦うため「強力な君主権力」を擁護した。彼らは、ロシア帝国の不可分一体性をスローガンに掲げ、わずかにフィンランドにのみ一定の枠内での自治を認めた。農業土地問題では、土地の分配を主張するカデット(立憲民主党)に反対し、農業の資本主義的経営を推進するストルイピンの政策を支持した。第3国会では、154名の議員を送って第一党となった。17年の二月革命の際、国会議長ロジャンコМихаил Владимирович Рожанко/Mihail Vladimirovich Rodzyanko(1859―1924)や臨時政府の陸相グチコフなどを出した。十月革命後、ソビエト政権に反抗したが、やがて力を失った。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十月党の言及

【オクチャブリスト】より

…帝政ロシア末期の有産階級の政党。〈十月党〉と訳すが,正しくは〈10月17日同盟〉。自由主義的地主・資本家の穏健分子を中心に,1905年10月17日発布の〈国家秩序改善についての皇帝宣言(十月宣言)〉に沿った線での立憲君主制の確立をめざして,同年11月に結成された。…

※「十月党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十月党の関連キーワードアレキサンダー グチコフプロトポーポフゼムストボロシア革命ドゥーマ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android