コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十長生 じっちょうせい

1件 の用語解説(十長生の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じっちょうせい【十長生】

日,水,松,鶴,亀,鹿および不老草に,山,雲,月,石,竹のうちいずれか三つを加えた10個の不老長生の象徴物をいう。長生とは中国の神仙思想によるものであって,長生図は一見蓬萊山を思わせる仙境を描いている。しかし,中国には十長生という言葉はなく,松鶴とか松竹梅のような部分的な組合せはあるが,十長生の組合せはない。朝鮮の十長生はその要素を中国の神仙思想から借用して,固有の自然崇拝の上に朝鮮独自のものに再構成したものであると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十長生の関連キーワード不老御璽偽造及び不正使用罪御璽偽造及び不正使用等罪公印偽造及び不正使用罪公印偽造及び不正使用等罪公記号偽造及び不正使用罪公記号偽造及び不正使用等罪私印偽造及び不正使用罪私印偽造及び不正使用等罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone