コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千燈寺院 セントウジイン

2件 の用語解説(千燈寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐じいん〔‐ジヰン〕【千燈寺院】

Temple of Thousand Lights》シンガポール、市街中心部のリトルインディア地区にある仏教寺院の通称。正式名称はシャカムニブッダガヤ(釈迦牟尼菩提迦耶)寺院。1927年にタイ出身の僧により上座部仏教寺院として建立。堂内に黄色い法衣をまとった高さ15メートル、重さ350トンの色鮮やかな仏像がある。千灯寺院。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

せんとうじいん【千燈寺院】

シンガポールのインド人リトルインディアの近くにある仏教寺院。1927年にタイの僧ブティーサーサラによって建立された。内部には高さ15mの色鮮やかに彩色された大仏が安置され、その周りには1080個の法燈が巡らされている。これが千燈寺院と通称される理由である。仏像の裏手には、寝釈迦仏がある。◇正式名称は「シャカムニブッダガヤ」(Sakya Muni Buddha Gaya Temple)。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

千燈寺院の関連キーワード命数法石窟寺院アメリカン・デス・トリップ1000日のアン裏街/太陽の天使海底2万マイル故郷から10000光年夜は千の目を持つ夜は千の眼を持つ燃ゆる瞳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone