コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千燈寺院 セントウジイン

2件 の用語解説(千燈寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐じいん〔‐ジヰン〕【千燈寺院】

Temple of Thousand Lights》シンガポール、市街中心部のリトルインディア地区にある仏教寺院の通称。正式名称はシャカムニブッダガヤ(釈迦牟尼菩提迦耶)寺院。1927年にタイ出身の僧により上座部仏教寺院として建立。堂内に黄色い法衣をまとった高さ15メートル、重さ350トンの色鮮やかな仏像がある。千灯寺院。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

せんとうじいん【千燈寺院】

シンガポールのインド人リトルインディアの近くにある仏教寺院。1927年にタイの僧ブティーサーサラによって建立された。内部には高さ15mの色鮮やかに彩色された大仏が安置され、その周りには1080個の法燈が巡らされている。これが千燈寺院と通称される理由である。仏像の裏手には、寝釈迦仏がある。◇正式名称は「シャカムニブッダガヤ」(Sakya Muni Buddha Gaya Temple)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千燈寺院の関連キーワードリトルエンディアンインディアンインディアリトルインディアシンガポールエアラインインターナショナルカップシンガポール珍道中シンガポールのタイプーサムイメージ-オブ-シンガポールシンガポールのアラブストリートシンガポールのスリマリアマン寺院

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone