千燈寺院(読み)セントウジイン

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐じいん〔‐ジヰン〕【千燈寺院】

Temple of Thousand Lights》シンガポール、市街中心部のリトルインディア地区にある仏教寺院通称。正式名称はシャカムニブッダガヤ(釈迦牟尼菩提迦耶)寺院。1927年にタイ出身のにより上座部仏教寺院として建立。堂内に黄色い法衣をまとった高さ15メートル、重さ350トンの色鮮やかな仏像がある。千灯寺院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

せんとうじいん【千燈寺院】

シンガポールのインド人街リトルインディアの近くにある仏教寺院。1927年にタイの僧ブティーサーサラによって建立された。内部には高さ15mの色鮮やかに彩色された大仏が安置され、その周りには1080個の法燈が巡らされている。これが千燈寺院と通称される理由である。仏像の裏手には、寝釈迦仏がある。◇正式名称は「シャカムニブッダガヤ」(Sakya Muni Buddha Gaya Temple)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android