コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉増剛造 よしますごうぞう

3件 の用語解説(吉増剛造の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉増剛造【よしますごうぞう】

詩人。東京生れ。慶応大学卒。在学中に岡田隆彦らと《三田詩人》を復刊,同人誌《ドラムカン》を創刊。第1詩集《出発》(1964年)で注目を集める。疾走感あふれる詩篇で1960年代詩の中心的存在となって以来,現代詩を代表する詩人とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉増剛造 よします-ごうぞう

1939- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和14年2月22日生まれ。岡田隆彦,井上輝夫らと「三田詩人」の復刊,「ドラムカン」の創刊にかかわる。昭和39年第1詩集「出発」を発表。45年暴力的なはげしい表現で自我をたたきつけた「黄金詩篇」で第1回高見順賞,54年「熱風 a thousand steps」で藤村記念歴程賞。平成11年「『雪の島』あるいは『エミリーの幽霊』」で芸術選奨。21年「表紙 omote-gami」で毎日芸術賞。詩の朗読活動も展開する。25年文化功労者。27年長年にわたって広い領域で詩の可能性を追求した業績で芸術院恩賜賞。東京出身。慶大卒。詩集はほかに「オシリス、石ノ神」「螺旋歌」,評論集に「朝の手紙」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉増剛造
よしますごうぞう
(1939― )

詩人。東京生まれ。1945年(昭和20)和歌山に疎開。第二次世界大戦後、東京へ移住。慶応義塾大学国文科卒業。『三田詩人』を復刊。同人誌『ドラムカン』を出して注目されるようになる。処女詩集『出発』(1964)にすでにエネルギーの爆発があるが、第1回高見順賞を受賞した『黄金詩篇(しへん)』(1970)に至って、「狂気を呼びこみ」「一切の説明的なるものを笑殺しつつ飛翔(ひしょう)し炸裂(さくれつ)する」「神速の行動者」(大岡信)となった。1970年から翌年にかけてアメリカ詩人アカデミーの招きでアイオワ大学に留学。1992年(平成4)から1994年まではブラジルのサンパウロに滞在。国内にいても絶えず居を移し、一か所に長くとどまっていたことがない。詩集に『王国』(1973)、『草書で書かれた、川』(1977)、『熱風』(1979。歴程賞)、『静かな場所』(1981)、『大病院脇に聳(そび)え立つ一本の巨樹への手紙』(1983)、『オシリス、石ノ神』(1984。現代詩花椿(はなつばき)賞)、『螺旋(らせん)歌』(1990。詩歌文学館賞)、『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(1998。芸術選奨文部大臣賞)ほかがある。疾走することばが歩行へと移行、そこに「西行(さいぎょう)にも芭蕉(ばしょう)にも釈迢空(しゃくちょうくう)(折口信夫(しのぶ))にもなかった『優しみ』、恐らく日本文学史上唯一無二と言っていいものであるかもしれぬ『優しみ』」(松浦寿輝(ひさき)、1954― )があり、読む者をひきつける。時代の先端をいく、きわめて多産な現代詩人で、これほど多くの文学賞を受賞した詩人は少ない。詩の朗読を試み、写真展「アフンルパルへ」「心に刺青(いれずみ)をするように」ほかを国内外で開催。評論に『緑の都市、かがやく銀』(1986)、『透谷(とうこく)ノート』(1987)、『打ち震えていく時間』(1987)、『生涯は夢の中径(なかみち)――折口信夫と歩行』(1999)などがある。[首藤基澄]
『『黄金詩篇』(1970・新潮社) ▽『現代詩文庫41 吉増剛造詩集』『現代詩文庫115 続・吉増剛造詩集』『現代詩文庫116 続続・吉増剛造詩集』(1971、1994・思潮社) ▽『詩集 草書で書かれた、川』(1977・思潮社) ▽『吉増剛造詩集 出発』『吉増剛造詩集 王国』(1977、1978・河出書房新社) ▽『熱風a thousand steps』(1979・中央公論社) ▽『大病院脇に聳え立つ一本の巨樹への手紙』(1983・中央公論社) ▽『オシリス、石ノ神』(1984・思潮社) ▽『緑の都市、かがやく銀』(1986・小沢書店) ▽『打ち震えていく時間』(1987・思潮社) ▽『透谷ノート』(1987・小沢書店) ▽『螺旋歌』(1990・河出書房新社) ▽『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(1998・集英社) ▽『生涯は夢の中径――折口信夫と歩行』(1999・思潮社) ▽『花火の家の入口で』新装版(2001・青土社) ▽『燃えあがる映画小屋』(2001・青土社) ▽『剥き出しの野の花』(2001・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉増剛造の関連キーワード岡田隆彦吉行理恵会田千衣子高良留美子城侑正津勉田中清光辻征夫寺門仁河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉増剛造の関連情報