コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千社詣で センジャモウデ

デジタル大辞泉の解説

せんじゃ‐もうで〔‐まうで〕【千社詣で】

千社参り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんじゃもうで【千社詣で】

多くの寺社に巡拝・祈願すること。二月初午はつうまの日に、稲荷いなりに巡拝することが多い。特に江戸時代に流行。千社参り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千社詣で
せんじゃもうで

神信心から千か所の神社に参詣(さんけい)することをいう。そのしるしとして千社札を奉納する風習が広く行われている。この信心は近世になって盛んになったが、神社ばかりでなく寺院に対しても行われた。とくに観音信仰が盛んになり千か寺観音に参詣するようになった。喜多村信節(きたむらのぶよ)の『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』によると、「千社参りは明和(めいわ)七年の『江戸名物鑑』にもみえず、安永(あんえい)この方のことなるべし、神社のみならず仏寺にも詣ずるのに千社参りといふはいかがなり」とある。千日祈願ということも行われ、数を重ねることで神仏の恩寵(おんちょう)を被ることができると考えたのである。しかしこれも信心だけでなく、千社詣でを果たしたことを誇りとする風習もあったのである。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

千社詣での関連キーワード化政文化千社札巡拝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android