コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多村信節 きたむらのぶよ

4件 の用語解説(喜多村信節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多村信節
きたむらのぶよ

[生]天明4(1784).江戸
[没]安政3(1856).6.23. 江戸
江戸時代後期の国学者。号は 筠庭 (いんてい) ,筠居,節信 (ときのぶ) とも称する。民間風俗の考証にすぐれた業績を残した。主著『嬉遊笑覧』 (1830) ,『 筠庭雑考』『武江年表補正』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたむら‐のぶよ【喜多村信節】

[1783~1856]江戸後期の国学者・考証学者。江戸の人。名は節信(ときのぶ)ともいう。市中や民間の風俗・伝承を記録・考証した。著「嬉遊笑覧」「瓦礫雑考」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多村信節 きたむら-のぶよ

1783-1856 江戸時代後期の国学者。
天明3年10月16日生まれ。江戸町年寄喜多村家の次男。国学者の小山田与清(ともきよ),岸本由豆流(ゆずる)らとまじわる。民間風俗や雑事の考証,記録にすぐれ,天保(てんぽう)元年「嬉遊(きゆう)笑覧」をあらわした。安政3年6月23日死去。74歳。通称は彦兵衛。号は筠庭(いんてい),静園,筠居。別名に節信(ときのぶ)。著作はほかに「瓦礫(がれき)雑考」「筠庭雑考」など。
【格言など】武家にて昼飯くうこと昔はなし,其(それ)も動きはたらく者はくいしなり(「嬉遊笑覧」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きたむらのぶよ【喜多村信節】

1784~1856) 江戸後期の国学者・考証学者。江戸の人。名は節信ときのぶとも。通称、彦兵衛。号は筠庭いんてい・静斎など。和漢の書に精通、民間の風俗・雑事を記録・考証した。著「嬉遊笑覧きゆうしようらん」「瓦礫雑考」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜多村信節の関連キーワード国学者片岡徳加藤千年三鍼中山桑石那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone