コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多村信節 きたむらのぶよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多村信節
きたむらのぶよ

[生]天明4(1784).江戸
[没]安政3(1856).6.23. 江戸
江戸時代後期の国学者。号は 筠庭 (いんてい) ,筠居,節信 (ときのぶ) とも称する。民間風俗の考証にすぐれた業績を残した。主著嬉遊笑覧』 (1830) ,『 筠庭雑考』『武江年表補正』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたむら‐のぶよ【喜多村信節】

[1783~1856]江戸後期の国学者・考証学者。江戸の人。名は節信(ときのぶ)ともいう。市中や民間の風俗・伝承を記録・考証した。著「嬉遊笑覧」「瓦礫雑考」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多村信節 きたむら-のぶよ

1783-1856 江戸時代後期の国学者。
天明3年10月16日生まれ。江戸町年寄喜多村家の次男。国学者の小山田与清(ともきよ),岸本由豆流(ゆずる)らとまじわる。民間風俗や雑事の考証,記録にすぐれ,天保(てんぽう)元年「嬉遊(きゆう)笑覧」をあらわした。安政3年6月23日死去。74歳。通称は彦兵衛。号は筠庭(いんてい),静園,筠居。別名に節信(ときのぶ)。著作はほかに「瓦礫(がれき)雑考」「筠庭雑考」など。
【格言など】武家にて昼飯くうこと昔はなし,其(それ)も動きはたらく者はくいしなり(「嬉遊笑覧」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きたむらのぶよ【喜多村信節】

1784~1856) 江戸後期の国学者・考証学者。江戸の人。名は節信ときのぶとも。通称、彦兵衛。号は筠庭いんてい・静斎など。和漢の書に精通、民間の風俗・雑事を記録・考証した。著「嬉遊笑覧きゆうしようらん」「瓦礫雑考」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

喜多村信節 (きたむらのぶよ)

生年月日:1783年10月16日
江戸時代後期の国学者
1856年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

喜多村信節の関連キーワードシャボン玉あぶり出し喜多村筠居喜多村節信オルゴール生年月日郷土玩具ままごと鬼ごっこ千社詣で喜多村草子紙やくざ落語遊び天児

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android