喜多村信節(読み)きたむらのぶよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多村信節
きたむらのぶよ

[生]天明4(1784).江戸
[没]安政3(1856).6.23. 江戸
江戸時代後期の国学者。号は 筠庭 (いんてい) ,筠居,節信 (ときのぶ) とも称する。民間風俗の考証にすぐれた業績を残した。主著嬉遊笑覧』 (1830) ,『 筠庭雑考』『武江年表補正』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きたむら‐のぶよ【喜多村信節】

[1783~1856]江戸後期の国学者・考証学者。江戸の人。名は節信(ときのぶ)ともいう。市中や民間の風俗・伝承を記録・考証した。著「嬉遊笑覧」「瓦礫雑考」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多村信節 きたむら-のぶよ

1783-1856 江戸時代後期の国学者。
天明3年10月16日生まれ。江戸町年寄喜多村家の次男。国学者の小山田与清(ともきよ),岸本由豆流(ゆずる)らとまじわる。民間風俗や雑事の考証,記録にすぐれ,天保(てんぽう)元年「嬉遊(きゆう)笑覧」をあらわした。安政3年6月23日死去。74歳。通称は彦兵衛。号は筠庭(いんてい),静園,筠居。別名に節信(ときのぶ)。著作はほかに「瓦礫(がれき)雑考」「筠庭雑考」など。
【格言など】武家にて昼飯くうこと昔はなし,其(それ)も動きはたらく者はくいしなり(「嬉遊笑覧」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたむらのぶよ【喜多村信節】

1784~1856) 江戸後期の国学者・考証学者。江戸の人。名は節信ときのぶとも。通称、彦兵衛。号は筠庭いんてい・静斎など。和漢の書に精通、民間の風俗・雑事を記録・考証した。著「嬉遊笑覧きゆうしようらん」「瓦礫雑考」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

喜多村信節 (きたむらのぶよ)

生年月日:1783年10月16日
江戸時代後期の国学者
1856年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報