千金の子は市に死せず(読み)センキンノコハイチニシセズ

  • せんきん
  • の 子(こ)は市(いち)に死(し)せず
  • 千金
  • 千金(せんきん)の子(こ)は市(いち)に死せず

精選版 日本国語大辞典の解説

(「史記」の「越世家」及び「貨殖伝序」に見える中国の古代の諺「千金之子不於市」の訓読) 金持の子は、金の力で危険を免れることができるから市井で悪者の手にかかって死ぬことはない。
※仮名草子・智恵鑑(1660)二「千金の子は市にしなずといへるは、きはめて富貴なるものの子は死ぬべき咎も金銀にて自然はたすかる事もあるをいへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

金持ちの子は、まちなかで死ぬことはない。金持ちの子は、悪事を犯しても金の力で刑罰を免れ、市中刑場死体をさらすことはない。

[解説] 「史記―越世家」などに見える中国の古代のことわざ。「千金の子」は、金持ちの家の子。「市」は、市井、まち。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android