コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千鳥草 チドリソウ

デジタル大辞泉の解説

ちどり‐そう〔‐サウ〕【千鳥草】

ラン科の多年草。中部以北の高山に自生し、高さ30~50センチ。根は厚く手のひら状に分かれている。葉は広い線形。夏、淡赤紫色の花を穂状につける。てがたちどり。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちどりそう【千鳥草】

ラン科の多年草。深山の草地に自生。主根は肥厚し手形状に切れ込んでいる。茎は高さ約40センチメートルで、下半に線状披針形の葉を少数互生。夏、茎頂に淡紅色の小花を総状につけ、花の基部に線形の蹴爪けづめがある。テガタチドリ。
ヒエンソウの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

千鳥草 (チドリソウ)

植物。ゴマノハグサ科の多年草。サギゴケの別称

千鳥草 (チドリソウ)

植物。碇草・白山千鳥などの別称

千鳥草 (チドリソウ)

植物。キンポウゲ科の越年草,薬用植物ヒエンソウの別称

千鳥草 (チドリソウ)

植物。ラン科の多年草,高山植物。テガタチドリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

千鳥草の関連キーワードデルフィニウム主根下半総状

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千鳥草の関連情報