コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卍字蔵経 まんじぞうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卍字蔵経
まんじぞうきょう

1902~05年に日本で出版された大蔵経。『大日本校訂訓点大蔵経』の通称。浜田竹坡,米田無諍などの校訂で,江戸時代中期の忍澂が『高麗板大蔵経』と対校して編集した『黄檗板大蔵経』を整理し,,論(→阿毘達磨),西土撰述の 4部門に分け,返り点をつけているのが特徴。1621部を収め,上欄に文字の異同出入などを注記。和装 36套 347冊。『大正新脩大蔵経』や『縮刷蔵経』に含まれていない典籍を収録している。(→漢訳大蔵経

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

卍字蔵経の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアマーラーレハールコワニエ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android