コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北非核化共同宣言 なんぼくひかくかきょうどうせんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南北非核化共同宣言
なんぼくひかくかきょうどうせんげん

韓国と北朝鮮は 1991年 12月 31日,板門店で開かれた核問題に関する南北首相会談連絡会議で,核兵器の製造・保有・使用の禁止,核燃料再処理施設・ウラン濃縮施設の非保有,非核化検証のための南北相互核査察の実施などを盛込んだ「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」に合意,92年2月の第6回南北首相会談で発効した。韓国側はこれに先立ち 91年 11月8日に「韓半島の非核化と平和構築のための宣言」,12月 18日には盧泰愚大統領が「核不在宣言」を行なったことで北朝鮮側も合意したものとみられる。しかし,北朝鮮が 93年3月 12日に行なった核兵器不拡散条約 NPT脱退声明は,「共同宣言」をめぐる北の真意に疑問をいだかせた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南北非核化共同宣言の関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門畑知子エゴロワ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南北非核化共同宣言の関連情報