コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同宣言 きょうどうせんげんjoint declaration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同宣言
きょうどうせんげん
joint declaration

国家間の取り決めの一つで,条約よりも軽い形式をとるもの。 1956年の日ソ国交回復では,北方領土問題が未解決のため,平和条約によらず,この共同宣言方式がとられた。共同宣言には,条約同様に当時国間に法的拘束力が生じるものと,そうでないものとがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐せんげん【共同宣言】

二人以上、または二つ以上の団体・国家が共同で発表する宣言。国家間の場合は、法的拘束力を持つものと持たないものとがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

共同宣言【きょうどうせんげん】

広義の条約の一形式で,正式の条約とほぼ同じ効果をもつ(日ソ共同宣言など)が,国家間の共通の政策表明,合意の意思発表にすぎないこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうせんげん【共同宣言 joint declaration】

国際法上の宣言は,本来,ある国家あるいは複数の国家の政策表明として行われるもので,一方的な意思表示を意味する。しかし,ときには国家間の合意を内容とする場合がある。この場合は広義の条約の一種ということができる。たとえば,1956年の日ソ共同宣言などはそれにあたる。第2次大戦後における日本とソ連の国交回復に関して,本来ならば平和条約方式によるのが望ましかったわけであるが,最大の懸案事項であった領土問題について合意に至らず,この問題を棚上げしたまま,とりあえず国交を回復するために,正式の条約よりも軽便な方式である共同宣言という形式を採ることになったといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうどうせんげん【共同宣言】

二人以上または二つ以上の国家や団体などが共同して発表する宣言。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共同宣言
きょうどうせんげん
joint declaration

複数の国家の正式代表の間でなす政策上の宣言。国家の共通の政策を宣言し、その宣言に道義上の責任をもっても法律的に国家を拘束しないものと、法的拘束力をもつものがある。たとえば、1941年8月の米英共同宣言(大西洋憲章)は、両国の「共通の原則を公にする」にとどまった。他方、1956年(昭和31)10月の日ソ共同宣言は、両国の戦争終結を宣言したもので、法的な拘束力をもつものである。[經塚作太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

共同宣言の関連情報